寧日雑考 第21号 減量細作戦▲7 2017.01.09
────────────────────────────────────────
減量細作戦▲7とは、雑考400 第333号 減量小作戦 に続く第2弾だ。。
読み返すと第333号は15年も前の発行だが、当時の記憶がありありと蘇る。
養老孟司 氏が言うとおり、情報とは固定されたものだとつくづく思う。

さて、昨年の夏以降、飲酒を伴う飲食回数が激増した。元来、無芸大食の上、
「運動は身体に悪い」を座右の銘にしているので、結果は覿面、自分でも
呆れるほど見事に腹が出てきた。

肥満体型そのものは今さら気にしないのだが、ズボンの腹がきつくなり、
階段の上り下りが億劫になり、血圧・血糖値など健康診断検査値が悪化し、
四六時中、満腹感・膨満感の只中に居るので電車に乗って座るとすぐに
寝てしまう。これは不味い何とかしなければ、と考え、今年の目標の一つ
として減量を思い立った。

摂取カロリー9kcal≒+脂肪1g、消費カロリー7kcal≒−体重1g、と知り、
ざっと計算して1日20gずつ減量することを決意した。
0.02kg/日×365日=7.3kg つまり1年で約7kgの減量(▲7)計画だ。
20gずつ細かく減量するので 減量細作戦▲7(デルタセブン) と名付けた。

自分の年齢・目標体重から、一日の目標摂取量を1917kcalに設定し、
そこから基礎代謝量(1420kcal)と日常生活活動量(1500〜1700kcal)を
引いた差が ▲180kcal≒20g 以上/日 となるよう設計すれば良い理屈だ。
日常生活活動とは食事・雪隠・風呂に、平日なら通勤と労働、休日なら
書見・運転・買物などを加えた全ての活動を指す。
勿論、運動は身体に悪いので一切やらない。

早速、主食(米・麺類・パン)、副食(肉・魚介類・卵・野菜・乳製品)、
調味料(マヨネーズ・ドレッシング・醤油・砂糖・オリーブ油)、
酒(ビール・日本酒・焼酎・ワイン)など、主な食材の基本カロリーを調査した。
その結果、普通に飲食しても朝食・昼食合わせて1000kcal、夕食は酒を含めて
900kcal、合計1900kcal/日 以内に摂取カロリーを抑えられると確信した。

生来、甘い物を欲しいと思わない質が幸いし、また、多少の酒なら
飲んでも飲まなくても主観的な気分は変わらないので、積極的に飲む
ことは止めた。この2つが摂取カロリー抑制効果として大きい。

唯一、脂っこいものへの未練が幾分あったが、これは
 摂取カロリー−消費カロリー<▲180kcal/日
の不等式を守る範囲で食べれば良いと割り切った。

食事内容は摂取カロリーのみならず栄養バランスも重要とは思うが、
五大栄養素を厳密に考え始めると煩雑さが度を超してしまうので、
主食、主菜、副菜、汁物を基本形とすることだけを心がけた。

次に、成果を見える形にするため、表計算ソフトを使い1日1行で
1年分の管理表を作成した。
毎日、摂取内容と活動内容を記録すると自動換算で理論摂取カロリー、
理論消費カロリーが計算され、差引の理論体重増減値が算出される。
併せて朝晩の体重実測値を記録し、体重の目標値、理論値、実測値の
推移を折れ線グラフにした。

元日から開始して今日で9日目だが、結果は面白いほど計算通りで、
今のところ一日平均200gも減っている。
これまで、如何に牛飲馬食してきたか、が証明された形だ。

副次的な効果として、満腹感・膨満感・ズボンの腹の圧迫感からの
解放があり、これは想像以上に爽快だ。しかも頭が冴える。
電車で座っても眠くならず、また身体が軽いのが良い。
背広の買い替えが不要で経済的でもある。
血圧・血糖値は、次回の健康診断でのお楽しみ、と言ったところだ。
僅か十日足らずでこの実績である。
驚くほど簡単で笑いが止まらない。

この案配で行くと理論的には3ヶ月で体重が約20kgも減る計算だが、
流石にどこかで頭打ちになるだろう。身体が飢餓を感じ、強烈な
空腹感に苛まれる等が考えられる。
尤も、家内からは、無性に食べたくなることもあるでしょうから、その時は
お腹一杯食べれば良いのよ、と言われているので気楽である。

様々な食材や料理のカロリーを調べているうちに、食品を見れば
大凡のカロリー数が分かるようになった。

なんと言っても、最強のカロリー数を誇るのは油脂だ。だから、
油脂を使った料理・食材・調味料は、カロリー数が驚異的に跳ね上がる。
料理ではフライ・天ぷらなどの揚げ物、食材ではバラ肉・サラミソーセージ、
調味料ではマヨネーズ・ドレッシング・オリーブ油などだ。
次にナッツ類、チーズなどの乳製品、そして砂糖と続く。

私は、肉は脂が旨い。霜降り和牛はその典型、と確信しており、
上に書いたとおりカルビなどの脂身の多い肉や豚カツ・唐揚は好物だ。
飢餓に怯えながら、厳しい弱肉強食の自然界を生き延びなければならない
生物として、脂や木の実、乳製品、糖類などカロリーの高いものを
美味しいと感じさせる自然の摂理があるのだろう。

15年前の減量小作戦では、身体に悪い運動での減量を狙っている。
それなりの成果はあったが、いま思うと若気の至り、愚かである。
因みに第334号 減量小作戦2を読むと、30分の早歩きで200gも
体重が減ったと書いている。理論消費カロリーから換算すれば、
70kcal程度なので体重減は10gほどになる。
実測値なので強ち嘘ではないが、原因は汗と測定誤差だろう。
本人は至って大真面目なのだから、我ながら脳天気なものだ。

さて、減量細作戦▲7 どこまで続くか。
まずは1ヶ月後が楽しみである。

────────────────────────────────────────

横浜市 橋本 好次(はしもと よしつぐ)
mail:monburu@nifty.com   http://www.geocities.jp/monburu/
____________________________
( 「寧日雑考」は、自由・不定・記録 を方針とした雑文です。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

トップページに戻る