寧日雑考 第3号 高級(奴隷)官僚 2016.02.07
────────────────────────────────────────
1.生活サイクル
(1)平日
 起床 8:00
 出勤 8:30
 帰宅 4:30(翌朝。偶に翌々朝)

 通勤時間1.5h、拘束時間18.0h、実働時間16.0h
  → (帰路タクシー0.5h)

(2)休日(土日祝)
 起床 14:00
 出勤 15:00
 帰宅 20:00

 通勤時間2.0h、拘束時間3.0h、実働時間3.0h

2.補足
 上記の(1)、(2)を繰り返す。夏休みはない。
 年末年始は休む。緊急時には呼び出しあり。
 なお、残業手当は月40時間分のみ支給される。
 いわゆるサービス残業は月平均160時間である。
     ^^^^^^

3.考察
(1)現代の日本において、上記1.および2.のような生活を送っている
 人間がいるとすれば、それは社畜を超えている。すなわち奴隷である。
 私はこれに該当する人間を知っている。
 霞ヶ関の某省に勤務するキャリア官僚である。

(2)このような現状が連綿と続いている事実から、以下が推測される。
 ・無能な代議士の相手と国会対応に忙殺され、時間が全く足りない。
 ・超難関の公務員試験に合格する知力はあるが、所詮は勉強ができるだけ
  の世間知らずで、自らが奴隷状態に置かれていることを認識できない。
  (作業に明け暮れ、新聞も読めず、外で起きていることや常識を知らない)
 ・最初は奴隷状態はおかしいと認識していたが、官僚とはそういうものだ、
  と数ヶ月で洗脳され、以来唯々諾々と従い、出世競争に邁進している。
 ・本人はおかしいと思っているが、日々の奴隷生活に流されて無気力となり、
  現状を打破すべく、しかるべき行動を取ることができない。
 ・疲労が極限まで蓄積されて困憊しているため、職場では朦朧状態で、
  頭が働かず、作業の能率が零に近い。その結果、深夜残業となり
  帰宅が遅くなって、睡眠時間が無くなる。この悪循環の繰り返し。
 ・仕事マニア。3度の飯や睡眠よりも仕事が好きという中毒。病気。
 ・自分は国を動かす仕事をしている、という空虚な自尊心のみが
  奴隷生活を支えている。

(3)インターネットの就職情報サイトや個人のブログなどで、官僚の働きぶり
  についての記述を読むと、実情を知っている思われる人間が書いたものは
  私の実感と整合している。官僚の激務、霞ヶ関のブラックぶりは、私が
  知っている某省に限られたものではないと合理的に推測できる。

4.結論
  日本国は、無能代議士と奴隷状態で正常な思考ができない高級官僚によって
  国政が行われている。その結果が、20年を超えるデフレーションの継続、
  北朝鮮に拉致された日本国民の見殺し、無頼国家による北方領土・竹島・
  尖閣諸島などの領土不当占拠の傍観、自衛隊の憲法矛盾状態の放置、
  無定見なグローバル資本主義礼賛・構造改革によるワーキングプアの発生、
  等々の、いつまで経っても解決されない問題が山積している現状である。
────────────────────────────────────────

横浜市 橋本 好次(はしもと よしつぐ)
mail:monburu@nifty.com   http://www.geocities.jp/monburu/
____________________________
( 「寧日雑考」は、自由・不定・記録 を方針とした雑文です。)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

トップページに戻る